東京でおすすめのレーザー脱毛クリニック比較サイト

東京でレーザー脱毛を受けるならココ!おすすめクリニックガイド

HOME » はじめての医療レーザー脱毛FAQ » 痛みはどのくらい?

痛みはどのくらい?

医療レーザー脱毛の痛みとその軽減方法について解説しています。

医療レーザー脱毛の痛みとは

医療用の機器を使うとはいえ、クリニックでのレーザー脱毛にもある程度の痛みは伴います。レーザー脱毛はレーザーによって毛根組織を熱破壊していくのですが、この熱破壊によって熱感が生じ、痛みを感じるのだそうです。

一般的には「輪ゴムではじかれたような痛み」と言われていますが、個人差があるので、ほとんど痛みを感じない人もいれば、それよりも強く痛みを感じる人もいます。

このような痛みの差は、毛質や太さ、肌の色によっても生じます。レーザーは黒いメラニン色素に反応するので、毛が太い、量が多い、肌の色が黒いといった人は、痛みを強く感じるかもしれません。

医療レーザー脱毛に使用する機器は、クリニックによって異なります。技術の発達に伴い、高い効果を発揮しながら痛みを感じさせない機器も登場しているので、クリニックで使用している機器もあらかじめ確認しておくといいでしょう。

回数を重ねるうちに、毛の量が減ったり、毛が細くなり、メラニンも減るので、痛みも軽減されていきます。

脱毛の痛みを軽減する方法

それでも、痛みに弱いという人は、麻酔クリーム冷却ガスを使って痛みを和らげてくれるクリニックもあるので、事前に調べておくことをおすすめします。

麻酔クリームは、施術前に直接肌に塗って、痛みを軽減するものです。レーザー脱毛は、熱間=痛みのため、レーザーを照射する部分を冷やすことで痛みを和らげることもできます。最近では、冷却ガスを使ってレーザーを照射する機器が増えているそうです。

これまでにも、施術前に冷却ジェルを塗ったり、アイスパックなどを使って冷やす方法はありました。しかし、冷却ジェルで肌荒れを起こしたり、アイスパックで冷やしながらの施術は時間がかかるというデメリットも生じていました。

冷却ガスの場合、レーザーを当てると同時に冷やすことができるので、施術時間も短く、皮膚への負担も軽減されます。冷却レベルの調整も可能なので、とくに痛みに敏感な人にはおすすめです。

 
東京でおすすめのレーザー脱毛クリニック比較サイト